TEPRO Supporter Bankについて
サポーター活動事例紹介

副校長先生が困らないように

冨田さんの写真

副校長補佐

渋谷区立西原小学校
冨田さん

TEPRO Supporter Bankに登録したきっかけ

退職後、しばらく仕事から離れていました。何もしないよりは、何かした方がよいと思いTEPRO Supporter Bankに登録しました。
渋谷区とはご縁がありませんでしたが、求人募集を見て申込をすると、翌日にすぐ面接の連絡をいただき採用されました。

活動内容

1日5時間、月16日で副校長先生の仕事の補佐をしています。
副校長先生は忙しいので、臨時職員の出勤処理、メールのやりとりなどのお手伝いをしています。

活動風景の写真-1-

心がけていること

副校長先生が困らないように、仕事を進めることです。様々な回答に対しても迷惑がかからないように進めています。
各担当の方とコミュニケーションをとりながら、フォローしていくことが役目です。

校長先生より一言

事務処理が大変多いので、滞りがちな色々なやりとりがスムーズになり、大変助かっています。

活動風景の写真-2-

渋谷区教育委員会採用担当者より

学校独自で人材を確保することもありましたが、TEPRO Supporter Bankを通じ、多くの方を採用することができました。
TEPRO Supporter Bankでは、一般企業のOBの方など、これまでにない新しい出会いがありました。本当に助かっています。

Topに戻る